危険な突発性難聴の発生原因を徹底解明!【治療院を見つけよう!】

医者

塩分と脂質は控えよう

医者

高血圧の食事療法は昔は塩分と脂質を控えるため、手作りで手間がかかり、まずい料理が多かった。しかし今はスパイスを使ったりすることで味を付けるため美味しい料理が増えてきており、お弁当でも塩分控えめなどを売りにするものもある。

Read More

聴神経腫瘍という病気

原因がわからない突発性難聴について詳しく知りたい方はこちらに書いてあります。これを読むと理解することが出来ますよ。

良性の腫瘍だが進行すると危険も

医者

聴神経腫瘍は脳腫瘍の一種で、神経の周りを鞘のようにおおっている細胞から発生します。良性の腫瘍で、他組織に転移したりする可能性は極めてまれです。30歳以降に発症する例が多く、発症件数は男性より女性の方がやや多いとされています。 聴神経とは内耳と脳を結び、聴覚情報を脳に伝える働きを持っています。この部分に腫瘍ができると聴覚その他にさまざまな障害をもたらします。重症化すると意識障害などを引き起こすこともあるため、良性とはいえども注意が必要です。 聴神経腫瘍の症状はまずは聴力の低下となってあらわれるため、耳鼻科を受診するのが一般的です。その後、病状に応じてそのまま治療を続けるか脳神経外科に転院するかのいずれかとなります。腫瘍はMRIもしくはCT検査を受けることで、かなり高い確率で発見できます。

外科手術が放射線治療が基本

聴神経腫瘍による聴力の低下は、突発性難聴などの他の聴力障害に比べるとゆっくり進行していくという点に特徴があります。これは腫瘍の成長する速度がかなりゆるやかであるためです。ただしこれには個人差があり、短期間で大きくなる場合もあります。腫瘍が大きくなると近くを走る顔面神経や舌咽神経を圧迫し、顔面がしびれたり食べ物が呑み込めなくなったりといった症状を呈することがあります。 聴神経腫瘍の治療は外科療法と放射線療法が中心となります。ただし発症時の年齢や症状の進行状況等によっては、経過観察のみとなることもあります。 外科療法の場合は開頭手術によって腫瘍を摘出します。難易度によって全摘出または部分摘出のいずれかが選択されます。また放射線療法は腫瘍が比較的小さい場合に有効であるとされています。

治療院探し

医者

いつ起こるかわからない突発性難聴は様々な原因から発生すると言われていますがはっきりした病気の原因はわかりません。専門の耳鼻科の専門医に診てもらう事で解決への道を切り開く事が出来ます。

Read More

耳が聞こえない

先生

突発性難聴が起こった時には原因を確認することが必要になっています。また、薬物治療を行うことで早期的に症状を改善することができるということから、早めの診察、治療は重要なものとなっています。

Read More